富士山で有名な静岡はEVで走ろう。電気自動車ニュース|1652

◯EVサーキット専用マシン: Techrules Ren RS|ホリスティックスタイルブック
中国の新興自動車メーカーである”Techrules(テックルールズ)”から発表されたサーキ
ット専用EVマシン”Ren RS”。市販モデルであるこの”Ren RS”は1300psオーバーという
驚異的なパワーを発揮するマシンとなっています。

◯GT-Rも敵わない加速力、スポーツEV時代の到来はいつ!?|MotorFan[モーターファン] (
プレスリリース)
2018年2月、アスパークという企業で現在開発中のスポーツEV、OWL(アウル)が社内テス
トながら0→100km/h加速1.89秒という驚異的な数値をたたき出した。これがどのくらい速
いのかというと、1000psを大きく上回るモンスターチューンドでもまったく歯が立たない
ほどの加速力。本格スポーツEV時代の到来ももうそれほど

◯米電気自動車大手テスラ、12万3千台リコール|読売新聞
【ニューヨーク=有光裕】米メディアは29日、米電気自動車大手テスラが、主力車種の
セダン「モデルS」について、世界全体で約12万3000台のリコール(回収・無償修
理)を実施することを決めたと報じた。 路上の雪や氷を解かすために散布する塩の影響
で、ハンドルの操作にかかわるボルトが腐食することが分かったという。

◯テスラのリコール、最悪だったタイミング|日本経済新聞
【シリコンバレー支局】米電気自動車(EV)メーカーのテスラは29日、主力セダンのリ
コール(回収・無償修理)を始めると明らかにした。不具合自体は軽微なものだが、対象
台数は累計販売の4割強に相当する。イメージ悪化につながれば、自動車産業に革命をも
たらそうと意気込むイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の理想 .

◯【コラム】現代車グループ経営権の継承にかける期待(1)|中央日報
中国市場の販売不振などによる実績悪化、労働組合の強硬闘争による高賃金・低効率構造
、高級車種と電気自動車・コネクテッドカーなど未来型自動車の不振がいつも挙げられる
。しかし専門家らと話してみると、さらに大きな心配があるという。それは企業支配構造
リスクだ。簡単に言えば、現最高経営陣の意思決定に深刻な

◯地元タイのエネルギー企業がEV開発会社を設立、新規参入を目指す…バンコクモーター
ショー2018|レスポンス
公開されたコンセプトモデルは『City EV-CONCEPT』、『MPV EV-CONCEPT』という2台のEV
と、電動スポーツカーのモックアップ『Sport EV-CONCEPT』の3台。このほか充電ステー
ションや、『MICP』と名づけられたモジュラープラットフォームも展示された。これは「
Mine Integrated Common Platform」を略したものだ。

◯自動運転のミクロ循環型電気自動車 福建でテスト|人民日報
福建省福州市平潭県にある福建省平潭総合実験区の麒麟大道でこのほど、自動運転自動車
のテスト基地が運営をスタートした。同日にテストが行われた自動運転車「アポロン」は
、中国初の商用向け自動運転のミクロ循環型電気自動車で、全長4.3メートル、全幅2メー
トル、内部の設計は座席が8席、立席が6席で乗車定員

◯ジャガー Iペイスが深夜のモナコGPコースを“静かに”激走|GetNavi web (ブログ)
ジャガー・ランドローバーはこのほど、ジャガー初のEV「Iペイス」でフォーミュラ1モナ
コGPのコースを走るというユニークな動画を公開した。 ... この動画でジャガーが表現
したかったのは、卓越した走りのパフォーマンスをEVならではの静かさで実現できている
ということ。テクニカルなモナコGPコースを駆け抜けるIペイスは、付近の

◯テスラ創業者が参加の中国EVメーカー「SF Motors」の恐るべき実力|Forbes JAPAN
テスラ創業者が参加の中国EVメーカー「SF Motors」の恐るべき実力 ... シリコンバレー
本拠の中国のEVメーカー「SF Motors」が、エレガントな外観のクロスオーバー車両2モデ
ルを発表した。 ... EV関連では「ファラデー・フューチャー(Faraday Future)」や「N
IO」など、数多くの中国企業がカリフォルニアに進出を果たしている。

◯パナソニック、EVや自動運転で「家電の強み生かす」|日本経済新聞
パナソニックは2018年3月28日、電気自動車(EV)向けの駆動装置(パワートレイン)と
電子コックピットを含む内装システムの開発戦略に関する報道陣向け説明会を開催した。
18年度以降順次、顧客に当たる自動車メーカーの製品に組み込む形で商用化する。パナソ
ニックは以前から自動車部品を製造・販売してきたが、EVや

◯日産自動車、先進クロスオーバーEV「IMx」の世界市場投入を決定!|サンケイス
ポーツ
日産自動車が昨年の東京モーターショーで初公開され、ジュネーブモーターショー201
8でも進化バージョンを披露したクロスオーバーEVコンセプト「IMx」。 同モデル
では自動運転や電動化、コネクテッド技術を通して、より豊かな社会を目指す「ニッサン
インテリジェント モビリティ」の未来を体現しています。 「プロパイロット」を

◯EV重視の日産、なぜ可変圧縮比エンジンの進化を目指すのか|ニュースイッチ Newswitc
h
界的な環境規制を背景に、自動車メーカーの電動化の動きが加速している。ただ充電イン
フラの整備や低コスト化といった課題も抱えており、車のCO2削減には既存エンジンの
効率化がまだまだ不可欠な要素であることは変わらない。世界で初めて可変圧縮比(VC
R)エンジンの実用化に成功した日産自動車の平井俊弘常務 .

◯テスラ車事故、運転支援機能の作動中に発生|日本経済新聞
【シリコンバレー支局】米電気自動車(EV)メーカーのテスラは30日、23日にカリフォ
ルニア州で発生した同社製車両の事故発生時に運転支援機能「オートパイロット」が作動
中だったと ... 米電気自動車(EV)メーカーのテスラは声明で「オートパイロットは
すべての事故を防ぐわけではないが、事故の発生確率は低くなる」とした。

◯テスラがEV「モデルS」をリコール、16年4月以前に製造が対象|日経テクノロジーオン
ライン
米テスラ(Tesla)は2018年3月29日(現地時間)、電動パワーステアリングのボルトに過
度の腐食の恐れがあるとして、2016年4月以前に製造した電気自動車(EV)「モデルS」の
リコールを発表した。過度の腐食の恐れがあるのは寒冷地のみだが、リコール対象の全車
でボルトを交換する。対象車両が今後、非常に腐食性の高い .

◯2018年自動車業界は「偶数」がトレンド!?|clicccar.com(クリッカー)
自動車の車名に数字が付けられているものは多いのですが、数字が大きくなるにつれてク
ルマの大きさも車格もお値段も高くなるという法則があります。 車名に数字が使われて
いて、なおかつシリーズとして使っているのはメルセデスベンツ、BMW、アウディ、ボル
ボ、プジョー、シトロエン、ポルシェ…などなど。キャデラックも最近

◯欧州最量販EV、ルノー ゾエ…バッテリーはリースと購入の2方式に|レスポンス
EVパワートレーンは、モーターを強化。新型モーターは、「R110」型と命名。従来の「R9
0」型と大きさや重量は同じでありながら、最大出力は16hp引き上げられ、109hpを獲得す
る。23kgmの最大トルクは変わらない。強化されたモーターの効果により、ゾエの改良新
型モデルは、80~120km/hの加速タイムを、ほぼ2秒短縮。

◯日産とDeNAの無人ハイヤーサービス「EasyRide」に乗ってみた|ギズモード・ジャパン
じゃあ次はどうする、だってもうドライバーいらないんだよ、ということで色々と各社趣
向を凝らしているわけです。 無人カーを使ったハイヤーサービスを行なうEasyRideはDeN
Aと日産自動車が共同で取り組むサービス。自動運転のEVは日産が開発、スマホを中心と
したユーザー体験は経験豊富なDeNAが担当し、まったく新しい

◯GLAクラス、メルセデスベンツのハイエンド車工場で生産開始…次世代生産システム構
築の第一歩|レスポンス
メルセデスベンツ乗用車の上級車やEVの生産を開始する予定。次期『Sクラス』や、電動
化に特化した新ブランド「EQ」も含まれる。自動運転タクシーも生産する計画。また、フ
ァクトリー56には、AI(人工知能)やビッグデータ分析、予測的メンテナンスなども導入
する。 メルセデスベンツは今回、次世代の生産システム構築に向けた

◯第492回:電気自動車ならではの強みを生かす新型「日産リーフ」の先進装備はここが
スゴイ!|webCG
日産が2017年10月2日に発売した電気自動車(EV)の新型「リーフ」。2018年2月末の時点
での累計受注台数は1万8000台を突破しており、2017年のCEV補助金が終了しても、販売は
堅調に推移しているとのこと。先代リーフの国内累計販売台数が、8万1675台だったこと
を踏まえると、新型車への注目の高さがうかがえる。

◯東北電力が「仮想発電所」 機器つなぎ需給調整、実証事業へ|福島民友
東北電力は新年度、公共施設や企業、一般家庭の発電設備や、蓄電池、電気自動車など地
域に散らばる電気機器をインターネットでつなぎ、一つの発電所のように利用する「仮想
発電所(バーチャルパワープラント)」の実証事業を始める。電力の需給バランスを調整
する機能としての活用を目指し、事業拡大にもつなげる。

富士山で有名な静岡はEVで走ろう。EV情報|お役立ち情報

◯おすすめ楽天meltyShop情報
http://melty.shop/a/

◯帰宅後のちょこっとで実際に使って制作したサイト
⇒ http://school-n.sakura.ne.jp/1/wac3ltt

◯夏の体調管理は酵素にお任せ!美味しくてずーと続けられる体験サイト紹介
http://ll4ji3bn.ldblog.jp/

◯「超微小知生体ソマチッドの衝撃」の本で紹介された遠隔療法はこちら
http://terahz.pw/enkaku

初心者向けインターネットの情報サイト
http://school-n.sakura.ne.jp/wp1/

◆商品販売・次世代紹介システム・セミナー運営・
顧客管理・ウェブメール機能・チャット機能
登録だけで使える多機能システム「エキスパ」
まずは、無料で使わせてもらいましょう。
http://school-n.sakura.ne.jp/1/m1fkiaw

☆遠くはなれている人を癒す・フーチー遠隔療法講座(FTメソッド)
 http://school-n.sakura.ne.jp/1/xvndy5wf

副鼻腔炎・蓄膿症・花粉症・アレルギー性鼻炎・鼻水・鼻づまりを自宅でたった3分で解
消する方法
http://school-n.sakura.ne.jp/1/uzvbe5vy

癒され温泉巡り特集
http://school-n.sakura.ne.jp/1/sikgrf3

わきが、男性の悪臭を消すことに成功した方法。
http://school-n.sakura.ne.jp/1/zas7cc4

◇今、旬の情報を配信しています。
http://www.blog.ecoschool8.com/01/

◯保護者の時間を保証するために、ケアを一時的に代行する支援を行う放課後等児童デイ
サービス
 http://www.after-school.niigatalight.com

☆もう病気なんて怖くない!テラヘルツ量子波エネルギー
http://terahz.pw/

◯稼げる転売情報
http://kengyo.work/

◯fx・為替で副業・サイドビジネス情報
http://kengyo.work/fx/

◯仮想通貨・暗号通貨情報でサイドビジネス
http://kengyo.work/bit/


☆脳の病気の経験から治療、再発予防に必要な情報
http://allows.biz/nou/

☆腎臓、尿、膀胱の病気経験から治療再発予防に必要な情報
http://allows.biz/jinkei/

◯仮想の通貨で資産6億円のMBAホルダーの塾講師が教えるデジタル通貨の全て
無料視聴の登録はコチラからできます。
http://school-n.sakura.ne.jp/1/paqgft

富士山で有名な静岡はEVで走ろう。EV情報|おすすめニュース

☆平成30年度次世代自動車等購入補助金|豊橋市
次世代自動車等の購入費を補助します. 次世代自動車等の利用を促進することで、温室効
果ガスの削減を図り、地球温暖化対策を推進するために補助します。 補助金額等につい
ては以下のとおりです。 ・電気自動車(EV) 上限6万円. ・プラグインハイブリッド(PH
V) 上限3万円. ・燃料電池自動車(FCV) 上限20万円.

☆5G商用化とEV実用化で期待されるSiC/GaN市場の拡大 - TrendFrorce|マイナビニュース

5Gやクルマの電動化などに伴い、第3世代半導体材料と呼ばれるSiCやGeNなどのいわゆる
ワイドギャップ半導体の開発が加速している。そんなSiCおよびGaN基板の2018年の市場規
模は、それぞれ1億8000万ドル、ならびに300万ドルになるとTrendForceは予測している。
ちなみに、半藤体産業の一部では、Siを第1

☆電気自動車業界に新星現る! スタートアップ「SF Motors」がEV2タイプを発表|Techabl
e
ニューヨーク・オートショーの開幕を前に、米国サンフランシスコ拠点のスタートアップ
SF Motorsが、自社開発の電気自動車「SF 5」と「SF 7」を発表した。 ... SF Motorsは
サンフランシスコに本社を置くものの、実は中国の自動車メーカーSokonの子会社。 ...
電気自動車/自動運転車の開発競争は今後ますます激しくなりそうだ。

☆スウェーデンEinride、自動運転EVトラックによる配送業務を今秋開始。一般道はオペ
レータが「遠隔運転」|Engadget 日本版
アップル新製品イベントは日本時間3月28日0時から。ウワサの低価格iPadはPencil対応か
橋本 新義 (Shingi Hashimoto), 3月17日. View. ソニーの左右独立スマートイヤホン
Xperia Ear Duo、遮音性『ほぼゼロ』. Audio. ソニーの左右独立スマートイヤホン Xper
ia Ear Duo、遮音性『ほぼゼロ』の開放感が魅力.

☆DeNA筒香、ハマスタ照明看板弾で電気自動車だ|日刊スポーツ
プロ野球は今日30日、セ、パ両リーグが開幕する。DeNA筒香嘉智外野手(26)は
、本拠地のヤクルト戦で開幕に臨む。横浜スタジアムでは今季から、日産自動車の看板3
カ所に直撃本塁打を打てば、球場のリリーフカーと同じ同社の新型リーフが贈られる。必
要な飛距離は推定150メートル。フォーム改造に着手し、よりパワー

☆マカオカジノ運営大手GEGが送迎シャトルバスにEV導入…業界内で初の試み|マカオ新聞

マカオのカジノ経営ライセンスを保有する六陣営の一角、ギャラクシーエンターテイメン
トグループ(GEG)は3月29日、マカオ政府が推進するCO2削減政策に呼応し、シャトルバ
スにEV(純電動)車両をマカオのカジノ運営事業者として初導入すると発表した。 同社
では、昨年(2017年)末から中国本土とマカオの主要な陸路の ..

☆中国のPolymakerと伊XEV、3Dプリンティングによる量産型電気自動車「LSEV」を発表|f
abcross
また、車両1台に必要な2000個以上の部品を57個に減らし、通常、1000~1200kgある小型
自動車の重量を450kgまで軽量化することに成功。シャーシ、シート、ガラス部分を除き
、目に見える部品のほとんどをPolymaker製の材料で3Dプリンティングすることで投資コ
ストを70%削減し、一般的な自動車では3~5年かかる研究

☆スズキ、トヨタと守るインド市場 多品種化・EV対応|日本経済新聞
スズキがトヨタ自動車とインドで相互OEM(相手先ブランドによる生産)を始める。イ
ンドでのシェアが3.5%にとどまるトヨタに小型車を供給する一方、トヨタから上級車種
を調達し、販売する。スズキのシェアは4割超。急成長するインド市場で、自社ブランド
の供給だけで手いっぱいなはずだが、なぜトヨタと組むのか。

☆テスラ、旧型モデルSをリコール パワーステアリング部品交換で|朝日新聞社
サンフランシスコ 29日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカーのテスラ >は29日、2016年4月以前に生産された「モデルS」のリコール(回収・無償修理
)を発表した。ハンドル操作を補助するパワーステアリング装置のボルトを交換するため
。 ボルトは独ボッシュが生産したもので、低温下で道路用の塩と接触した

☆航続距離700km いよいよ実用域に入ったEV「BMW・iビジョンダイナミクス」の市販版|
財経新聞
BMWの新型EV『i4』が発表された。航続距離700kmは実用域と言ってよいだろう。これに急
速充電時間8分程度であれば、実用車としての資格があるだろう。もっとも車両重量が重
すぎれば問題外だが、単にこれまでのバッテリーを大量に積んだだけのモデルではあるま
い。そこにバッテリーの進歩が裏付けされているので、今回 .

☆三菱自動車など、オランダでV2Bの実証開始 PHEVとオフィスビルで電力を相互供給|レ
スポンス
V2B技術とは、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドカー(PHEV)、燃料電池車(F
CV)などをビルと結び、電動車両に蓄えられた電力をオフィスや工場に供給するシステム
。事業者によるCO2総排出量の多くは、事業所および輸送が占めていることから、V2B技術
の活用は電気代の低減だけでなくCO2削減にも寄与する。

☆EVの使用済みバッテリーを再利用、日産が交換サービス開始|ITmedia
.. バッテリーの再製品化技術を活用。使用済みバッテリーの2次利用により低価格でバ
ッテリー交換を実現することで、顧客に新たな選択肢を提供できるとしている。 EV市場
の拡大により、今後使用済みバッテリーのさらなる増加が見込まれる中、同社は再生バッ
テリーを活用しEVのさらなる普及とCO2削減に取り組む方針だ。

☆テスラのリコール、最悪だったタイミング|日本経済新聞
【シリコンバレー支局】米電気自動車(EV)メーカーのテスラは29日、主力セダンのリ
コール(回収・無償修理)を始めると明らかにした。不具合自体は軽微なものだが、対象
台数は累計販売の4割強に相当する。イメージ悪化につながれば、自動車産業に革命をも
たらそうと意気込むイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の理想

☆日産、ルノーが合併協議か 米通信社が報道|SankeiBiz
米ブルームバーグ通信は29日、同じグループの日産自動車とフランス自動車大手ルノー
が、合併に向けて協議していると報じた。関係者は、電気自動車(EV)の強化や、ライ
ドシェア(相乗り)の進展といった自動車産業の構造変化に適応し、経営資源を集中する
のが狙いと説明しているという。日産の広報担当者は「報道は臆

☆日本のEVシフトに立ち塞がる集合住宅の重荷|東洋経済オンライン
今年2月に都内で開かれた情報会社IHSマークイット主催の講演会で、会場へこんな質問が
投げかけられた。出席した人たちの約30%が「航続距離の長い電気自動車(EV)を買う」
と回答。その一方で、約30%が「EVは買わない」と答えた。EVの将来性についてはまだ不
安も少なくないようだ。 中国や欧米の規制に合わせて、

☆燃費バツグン!TeslaのEVトラック「セミ」にオーダー続々|Techable
TeslaのEVトラック「セミ」にオーダー続々. 電気自動車業界を牽引する米国のTesla社が
開発を進める電気トラック「セミ」の受注が好調だ。 このほど、 ... の開発・生産体制
だが、先日長距離輸送テストを行うなど、これまでのところ順調にいっているようだ。来
年の正式発売後はEVトラック導入の流れがさらに増すこと必至だろう。

☆<米国・時間外>テスラが下落 「モデルS」リコールとWSJ報道|日本経済新聞
【NQNニューヨーク=横内理恵】(コード @ TSLA/U)29日の米株式市場の時間外取引
で電気自動車(EV)のテスラが下落している。通常取引を前日比3.2%高の266.13ドル
で終えた後、257ドル前後と終値を3%あまり下回る水準に下げる場面があった。ウォー
ル・ストリート・ジャーナル紙(WSJ、電子版)が29日夕、パワー

☆中国がコバルト市場を牛耳ったらどうなるか|JBpress
今度は、1台当たり約10キロのコバルトが使用される、成長中の電気自動車(EV)向け電
池市場で、だ。ただし、いたずらの源泉はもはやドイツではなく、中国にある。 世界の
コバルトの埋蔵量と生産量の半分以上が、危険なほど不安定な国家・コンゴ民主共和国に
集中していることはよく知られている。 それほど知られていない ..

☆日本版EV戦略策定へ、経産省|日本経済新聞
経済産業省は電気自動車(EV)の普及に向けて「日本版EV戦略」を策定する。航続距
離や製造コスト、バッテリー材料の鉱物資源の確保などの課題を整理し、今夏までに論点
をまとめる。中国や欧州などは政府が主導してガソリン車からEVへのシフトを進める。
新たな戦略を通じてメーカーの技術開発などを後押しし、拡大する

☆パナソニック、自動運転レベル2対応のコックピットを2022年度までに実用化|レスポン

並んでいたのは小型EV向けの「e-パワートレイン」、自動運転の「レベル2」「レベル3」
に対応するコックピット、そして2030年の完全自動運転を想定した次世代 ... e-パワー
トレインは、4輪や2輪の小型EVの普及を目的に開発したもので、モーター、インバーター
、充電器、DC/DCが一体になったもので、非常にコンパクトだ。

富士山で有名な静岡はEVで走ろう。|コンバートEV情報

※家庭の100Vで充電!ガソリン車を電気自動車にするコンバートEV改造キットでまし
た。
http://evkurumaya.com/

◯日産 e-NV200 試乗動画特集
http://douga.sakura.tv/e-nv200/

◯トヨタハリアー試乗動画特集
http://douga.sakura.tv/harrier/

◯ホンダ S660 試乗動画特集
http://douga.sakura.tv/S660/

◯トヨタ ミライ 試乗特集動画
http://douga.sakura.tv/mirai/